ドッグフードの種類

現在ペットは家族の一員として大切に迎えられています。
昔は犬は番犬として飼われ、人間の食事の残り物をあげる時代もありました。
しかしながら今ではそのようなことはタブーであって、ドッグフードは、すなわち犬専用の食事を与えるのが当たり前となっています。

ドッグフードフードというのは1960年代に日本で販売され始めたと言われています。
そして徐々に広がっていき、犬にドッグフードを与えるのが当たり前になっています。
フードは色々なメーカーが多種類出しているので、ペットショップやホームセンター、また動物病院等で買うことができます。

ドッグフードには乾燥しているカリカリタイプと、缶詰系やレトルト系のウェットタイプに分かれます。
ウェットタイプは水分が含まれており嗜好性も高く愛犬の食いつきもよいことが特徴です。
カリカリを食べない愛犬もウェットタイプなら食べるという話もよく聞きます。

ただしウェットタイプはカリカリに比べると、長時間おくと傷みやすいので気をつけなければなりません。
ドライフードはどちらかというと食器に必要な量を入れるだけでお手軽にあげることができます。
また傷みにくいので、時間をおいても心配いりません。

但し、ドライフードはその名のとおり水分が含まれていないので、しっかり水も与えておきましょう。
ドライフードは栄養総合食が殆どなので、これさえあげていれば健康面では安心です。
栄養不足になる事はありません。
ウェットタイプは栄養総合食とそうでないタイプがありますので、その点は気をつけましょう。

そうでないタイプの物は栄養総合食のカリカリと合わせて与えるのが良いでしょう。
近頃では愛犬家も増え、それに伴ってペットフードもドライタイプやウェットだけでなく、冷凍タイプやフレークタイプなども出てきたようです。
そして国産品から海外製品まで色々あります。
愛犬に一番合ったドッグフードを愛犬の好み、嗜好性を考えて選んであげたいですね。
栄養のバランスhttp://ドッグフード.asia/も取れるように組み合わせたりして、試してあげるのもいいと思います。